FXを始めるならトレードスタイルを決めよう

FXでは24時間、バーチャルな市場が世界を動いています。そのため、24時間の取引が可能となっている投資なのです。外貨売買の差額や、外貨につくスワップ金利の差額などから利益を出すのですが、FXを開始するのであれば、まずは投資のスタイルを決めておきましょう。


FXは短期、中期、長期に分けられる

FXのトレード方法は、短期取引、長期取引、その真ん中にあたる中期取引の3つにおおまかに分類できるそうです。一日や一時間ごと、空いている時間だけトレードを行い、一日や二日ごとに取引を終了させてしまうのが、デイトレーダーなどと呼ばれる短期取引です。1週間や数週間、一ヶ月程度、トレンドを見ながら売買を行うものがスイングトレード、年単位で売買の差額だけでなく金利の差額などの利益も得る方法が、ポジショントレードという長期間のトレード方法です。


期間が短いほどレバレッジは高い傾向に

デイトレーダーや、数分や数秒間に集中した売り買いを行うスキャルピングという方法のトレードでは、差額売買だけの利益を目的としていることから、レバレッジを敢えて高くして、利益を大きくしているそうです。その代り、長時間チャートを確認できない時間にはすべてのトレードを終了させるなど、リスクを軽減する工夫がされています。長期間になるほど、レバレッジを下げてリスクがなるべく少ない状態で、安全なトレードを行うという人が増えるという声が多いそうです。

Comments are closed.

Post Navigation