FXのチャートを見れないときは取引を終わらせるしかない?

FXでは空いている時間に取引がいつでもできるということが大きな魅力と言われています。しかし、24時間動いている為替相場を常にチェックするというのはほとんどの人が不可能ですし、長期でスワップ金利などから副業の人が利益を得るなど、不可能になってしまいかねませんよね。FXの相場をチェックできない時間のリスク管理方法をご紹介します。


FXはシストレでリスク管理

FXでは証拠金から設定したパーセンテージ分の損失が出ると、マージンコールというアラートがかかります。これ以上の取引を希望する場合には、追加のお金を振り込む必要があるのです。一定時間以上何のアクションもないと、強制ロスカットという機能が働きます。これ以外に現在、注目を浴びているのが、システムトレードという機能です。


システムに売買を任せておける

多くの人は、システムに売買の値段などを設定し、その数字になると自動的に売買を行うようにしているそうです。また事前注文で、指定した外貨がこの値段になったら買う、などの予約設定のできるIFD注文などもあることから、FXチャートを確認できない時間ができても、システムを利用することでトレードを続けるというスタイルを利用する人が多いそうです。自分でトレンドをチェックして、システムでフォローするので、リスクの軽減にもつながると考えられています。

Comments are closed.

Post Navigation