FXを始めるなら目的を決めてから

いきなりFXを始めるのは良くないので、何か目的を決めてみることをオススメします。
何のために利益を出したいのかという事を決めておけば、投資意欲もわいてくると思いますし失敗してしまった時にちゃんと反省をして次の取引に活かすことが出来ると思いますよ。
目的は、旅行に行く費用にしたいとかちょっと美味しいものが食べたい、ほしいものを購入するなど、なんでもいいんです。


●FXの知識を付けよう●

FXを始める時は、やっぱり少し知識をつけてから始めるのが良いでしょうね。
何も知らないまま始めてしまえば、困った時に何も出来なくて大変な思いをしてしまう事になりますからね。
最低限知っておかなければいけない、レバレッジ・スワップ・スプレッドについては知っておくようにしましょう。
単語だけ聞くと難しいかもしれませんが、意味は難しくないのですぐに覚えることが出来ると思いますよ。


●デモトレードで練習しよう●

FXの世界へ飛び込む前には、必ずデモトレードで練習を積み重ねるようにしましょう。
デモトレードは本物に近いシステムを使って取引をすることが出来るので、取引の流れをつかむことが出来ます。
失敗をしても実際に損失を出すわけではないので、いくらでも失敗して大丈夫。
ただ、失敗するのではなくて改善策を見つけながら成功へ近づけていくことが大事ですよ。

[関連サイト]FX会社の比較方法→→http://www.internoise2012.com

FXは初心者にもお勧めの投資

FXをこれから始めてみたいけれどもそもそもFXって何?という初心者の方もいると思います。FXとは外国為替証拠金取引といって外貨を売り買いして利益を出す取引のことです。為替の差益を安く売り高く買う方法と、高く売り安く売る方法があります。株の取引を外貨で行うものと簡単に考えることができますね。


<ハイリスク・ハイリターンであることを忘れない>

FXは少ない資産からでも始めることができますし、取引会社に保証金を預けることで数倍から数十倍にも資産を増やすことができることから、初心者でも始められやすい投資ともいえます。しかしながら大きな利益が期待できますが、相場の状態で逆に大きな損失が出てしまうという危険性もあることを念頭におかなければならず、ハイリスク、ハイリターンだということをしっかりと認識しなければいけません。


<好きな時にいつでもできる>

FXは初心者でも簡単に行うことができますが、最大のメリットは外国為替は24時間どこかで必ず取引が行われているので、24時間いつでも好きな時に取引を行うことができるということですね。日中は会社勤めをしているためにできないという人でも自宅に帰ってからゆっくりとはじめることができ、好きな時に好きな場所で取引をできるというメリットがあります。資産を増やすために始めたという人は多くいるので気軽に始めやすいといえるでしょう。

FXのチャートを見れないときは取引を終わらせるしかない?

FXでは空いている時間に取引がいつでもできるということが大きな魅力と言われています。しかし、24時間動いている為替相場を常にチェックするというのはほとんどの人が不可能ですし、長期でスワップ金利などから副業の人が利益を得るなど、不可能になってしまいかねませんよね。FXの相場をチェックできない時間のリスク管理方法をご紹介します。


FXはシストレでリスク管理

FXでは証拠金から設定したパーセンテージ分の損失が出ると、マージンコールというアラートがかかります。これ以上の取引を希望する場合には、追加のお金を振り込む必要があるのです。一定時間以上何のアクションもないと、強制ロスカットという機能が働きます。これ以外に現在、注目を浴びているのが、システムトレードという機能です。


システムに売買を任せておける

多くの人は、システムに売買の値段などを設定し、その数字になると自動的に売買を行うようにしているそうです。また事前注文で、指定した外貨がこの値段になったら買う、などの予約設定のできるIFD注文などもあることから、FXチャートを確認できない時間ができても、システムを利用することでトレードを続けるというスタイルを利用する人が多いそうです。自分でトレンドをチェックして、システムでフォローするので、リスクの軽減にもつながると考えられています。

FXを始めるならトレードスタイルを決めよう

FXでは24時間、バーチャルな市場が世界を動いています。そのため、24時間の取引が可能となっている投資なのです。外貨売買の差額や、外貨につくスワップ金利の差額などから利益を出すのですが、FXを開始するのであれば、まずは投資のスタイルを決めておきましょう。


FXは短期、中期、長期に分けられる

FXのトレード方法は、短期取引、長期取引、その真ん中にあたる中期取引の3つにおおまかに分類できるそうです。一日や一時間ごと、空いている時間だけトレードを行い、一日や二日ごとに取引を終了させてしまうのが、デイトレーダーなどと呼ばれる短期取引です。1週間や数週間、一ヶ月程度、トレンドを見ながら売買を行うものがスイングトレード、年単位で売買の差額だけでなく金利の差額などの利益も得る方法が、ポジショントレードという長期間のトレード方法です。


期間が短いほどレバレッジは高い傾向に

デイトレーダーや、数分や数秒間に集中した売り買いを行うスキャルピングという方法のトレードでは、差額売買だけの利益を目的としていることから、レバレッジを敢えて高くして、利益を大きくしているそうです。その代り、長時間チャートを確認できない時間にはすべてのトレードを終了させるなど、リスクを軽減する工夫がされています。長期間になるほど、レバレッジを下げてリスクがなるべく少ない状態で、安全なトレードを行うという人が増えるという声が多いそうです。

FXのスワップポイントってなんのこと?

FXでは外貨の売買を行って、売り買いでの差額を利益にします。これはもっともスタンダードと言われるトレードなのですが、これ以外にも、外貨をペアにして購入し、金利の差額で利益を得る方法があります。この金利の差をスワップポイント、スワップ金利と呼んでいるのです。


FXの金利はどうやってつくの?

FXではバーチャル市場が24時間、ニュージーランドのウェリントンをスタート地点として、市場はアジア、ヨーロッパと移動、ニューヨーク市場で一日の幕を閉じます。ニューヨーク市場で持っている外貨をウェリントン市場まで持ち越すことで、金利がつくのです。これをロールオーバーというのですが、これはとにかくニューヨーク市場からウェリントン市場まで持ち越すことが条件なので、数分間だけでも金利はつくものなのだそうです。


金利で利益を出す場合は長期トレード

金利は一日で、だいたい数十円程度といわれています。そのため、短い時間にハイリスクハイリターンな投資を行うわけではなく、長期的にこの外貨ペアの差額を見極め、保有するという投資方法がポピュラーなのだそうです。この場合にはリスクを軽減する目的から、レバレッジなども非常に低く設定し、年単位で運用、一年分の金利などという形で利益とするそうです。

FX口座の選び方で注目したいこと

インターネットなどを利用して、簡単に取引専用口座をつくることができるのも、FXでは大きな魅力になっていると言われることが多いそうです。FXは少ない資金で、難しい手続きなく売買を直ぐに始められるという利点を生かして、副業に開始している人や学生も今は珍しくないと言われています。


FX口座を選ぶなら無料サービスも比較を

FX口座では、会社によって手数料などの設定が違います。取引に手数料がかかる会社もあれば、無料でトレードを行うことのできる会社、サポートセンターで24時間、操作法などのサポートを行ってくれる会社など様々です。また手数料などがかかる代わりに、業者が設定できるスワップポイントの幅が非常に狭いなど、口座がもつ特有の個性もあります。


口座を複数所有する人も

FX口座は、手数料や会社が得意とする分野でのサービスを比較して選ぶ人が多いことや、FX専用口座の数に制限などをかけられていないことから、複数の会社で口座を作るという人もいます。サポート体制やセミナーなどだけを利用して、別の会社で実際にトレードを行う、取引手数料のかからない会社でトレードをしながら、値動きなどに関係するニュースを別の口座のサイトで確認するという人もいるそうです。

FXの利益はどんなものがある?

FXでは外貨為替を売買して利益を生み出します。これ以外にも外貨をペアにして購入、この金利の差額を受け取る方法などもありますが、FXで得ることのできる利益はどのような取引があるのかをご存知ですか?向いているトレードスタイルなどもご紹介します。


FXで最も有名な外貨の差額

FXで最も一般的と言われている利益に、外貨の売買で出る差額があります。この仕組みは簡単で、まだ価値のあがっていない安い通貨を購入、価値が高くなってから売りに出すという方法です。FXでは買うだけ、売るだけというトレードはありません。売買で1セットの取引なので、売ったら絶対に買いますし、買った通貨は絶対に売るということになります。


売りから開始することも可能

FXでは売買でセットになっているというだけで、どちらから始めてもいいという特徴があります。そのため現在高い価値になっているものを先に売って、価値が下がったときに買い戻すという方法もあるのです。金利差額というのはスワップポイントなどとも呼ばれるもので、このロールオーバーを行うことで出る金利の差額を利益にします。この場合には、一年間など、年単位で外貨ペアを扱うことが多いそうです。金利は一日毎につくため長期間で、大きな金額になります。